読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗したっていいじゃない,海外だもの

フランスに海外赴任中のサラリーマン日記.初めての海外生活に四苦八苦している様子をお楽しみください.

EURO2016 France がテロへの厳戒態勢の下、開幕!ファンゾーンは安全なの?

【スポンサーサイト】

本日,EURO2016が開幕しました.今年はフランスが会場になっています.
フランスといえば,昨年末のテロ.サッカーの試合中に起きました.そんなわけで,会場やファンゾーン(パブリックビューイング)は警察や警備員が多数いて,限界態勢です.

https://www.instagram.com/p/BGV1xjMkIgQ/

#ニース も #サッカー #euro2016 の会場の一つみたいです. 盛り上がるのは楽しみだけど、テロとか大丈夫なのかな...#euro2016france #nice #placemassena #foot #soccer

EURO2016

このEUROという大会は欧州サッカー連盟UEFA)が主催するナショナルチームによる大陸選手権です.ヨーロッパ選手権欧州選手権なんて言われたりもします.4年に1回開催の大きな大会です.今大会(2016)の会場はフランスです.フランス国内のスタジアムを使って大会を運営します.

  【スポンサーサイト】

各地にファンゾーン(パブリックビューイング)が設置される

私が住んでいるフランスでは各地でファンゾーンと呼ばれる,以下の写真のような特設会場が設置されています.きっと出場しているヨーロッパ各国でも同じ状況でしょう.

https://www.instagram.com/p/BGdklmvkIgK/

#euro2016france commence ce soir.#euro2016 がいよいよ今夜開幕です.#ニース の #マセナ広場 に設置された#ファンゾーン . ここで試合見てみたいけど、人が多くてちょっと恐いので、おとなしく家で観戦します. #厳戒体制#nice #placemassena #fanzone

このファンゾーンの安全性が物議を呼んでいる

熱狂的なファンが多いヨーロッパ.当然,ファンゾーンにもたくさんの人が押しかけます.つまり,テロに狙われる場所は実際にサッカーが行われている会場だけではないと言えます.やはりこのファンゾーンの安全性を巡って,いろいろな議論がなされているようです.

一部抜粋

◆議論の対象となっている出入り自由な場所“ファンゾーン”

 むしろ不安視されているのは、いわゆる「ファンゾーンで」ある。全国10のスタジアムには通算250万人の観客が訪れるが、開催都市に設けられるこのパブリックビューイング会場には、会期中に通算700万人が集うだろうと予想される。問題はこのファンゾーンが、屋外の、たいていは公共の広場に設けられること。周囲を囲む常設のフェンスや壁など存在せず、つまりスタジアムとは違って、「開放された」空間であること。しかも6月10日から7月10日まで毎日、朝から晩まで、無料で、あらゆる人間のために開かれている。

「テロリストたちに絶好の機会を与えるだけ。ファンゾーン設置は中止すべきだ」とフランス国家警察の上級警視正であり、内務省官僚であり、共和党員でもあるフレデリック・ペシュナールは声を大にして訴えた。パリ市でのファンゾーン設置を決める最終投票には、共和党はこぞって反対票を投じた。

そんなわけで,ファンゾーンの警備も厳しい

だれでも入れるファンゾーンですから,警備も厳しくなっています.持ち物の検査やボディーチェックを経ないと中に入れません.とはいえ,所詮簡単なチェック,これで100%安全かと言われると,答えは「No」です.

f:id:ooenoohji:20160611044641j:image

まとめ

大きな大会,EUROが開幕しました.スポーツはやっぱりみんなで見たほうが楽しいし,盛り上がりますよね.そこで思いつくのがファンゾーン(パブリックビューイング)ですが,安全面に疑問が残っていることは間違いありません.見に行かれる方は十分気を付けてください.安全に,思いっきりスポーツ観戦できる日は来るのでしょうか・・・

  【スポンサーサイト】