失敗したっていいじゃない,海外だもの

フランスに海外赴任中のサラリーマン日記.初めての海外生活に四苦八苦している様子をお楽しみください.

フランスは「歩きタバコ」が多すぎて危ない!!

【スポンサーサイト】

表題の通り,フランスは歩きタバコする人が多すぎて危ないんです.日本みたいに喫煙スペースがないため,みんないつでもどこでもタバコ吸ってます.

※写真が回転してしまってすみません。。
f:id:ooenoohji:20160921033629j:image

 いつでもどこでもタバコ

街を歩いていると歩きタバコしている人をたくさん見ます.どこでも吸うので,普通に歩いていると突然すごく煙くなったり(前を歩いている人がタバコ吸っているから),すれ違う人のタバコの火が手にぶつかりそうになったり,,ちょっとここはフランスの嫌なところかな.

  【スポンサーサイト】

タバコのポイ捨てもすごい

当然ながら,タバコのポイ捨てもすごくて,駅やバスの停留所など,ひどいことになっています.先日,ワイドなショーに出ていたパリ在住の高校生も,「フランスは道が汚い,タバコの吸い殻とか」と言っていましたね.
f:id:ooenoohji:20160921033642j:image

 トラムの駅などタバコの吸い殻が転がっています.上の写真は全然いいほう.たまに火がついたまま捨てられていることもあります.危なすぎ

 子供が特に危ない

歩きタバコで誰が一番危ないかって,それは子供でしょう.私も息子と手をつないで歩いていて,すれ違う人が歩きタバコをしていたとき,非常に危ない目にあいました.タバコの位置が子供の顔と同じ高さなのです.万が一,火がついたところが目に当たったりしたら・・・恐ろしいですよね.
f:id:ooenoohji:20160921033701j:image

ちょっとわかりずらいですが,この写真の大人も歩きタバコしています.幼稚園生や小学校低学年くらいの子供は顔に当たる可能性がありますよね.

まとめ

私はフランス大好きですが,ここだけは好きになれません(なれるわけないか).私はまだフランス語が流暢ではないので,世間でタバコについてどう議論されているかまだ理解できていないのですが,是非が話し合われているのでしょうかね。。調査してみたいと思います.

  【スポンサーサイト】