読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗したっていいじゃない,海外だもの

フランスに海外赴任中のサラリーマン日記.初めての海外生活に四苦八苦している様子をお楽しみください.

海外でのプリペイドSIMのチャージの方法

【スポンサーサイト】

f:id:ooenoohji:20151112025924j:plain

  • プリペイドSIMのチャージは
  • びっくりするくらい
  • 簡単なんだなぁ

以前の記事で,海外でプリペイドSIMを購入した話をしましたが,今回はチャージの方法について書きます.結論から言うと,びっくりするくらい簡単でした.便利な世の中ですね.

期間限定のプリペイドSIMはチャージしなければならない

プリペイドSIMは通信容量を使い切ったり,期限が切れたりした場合,チャージすればまた使えるようになります.最初のプリペイドSIMカード自体を購入するときは身分証明書を提示したりしなければなりませんが(以下の記事参照),チャージはもっと簡単に行えます.ooenoohji05.hatenablog.com

簡単にというのは,また携帯ショップに行かずに,スーパーマーケットやタバコ屋(kiosk)などでチャージできるという意味です.

【スポンサードサイト】


タバコ屋(kiosk)でチャージ


ヨーロッパにはタバコ屋さんが町中にあります.タバコ屋といっても,タバコだけ売っているのではなく,お菓子や新聞などさまざまなものを扱っています.電車やバスのチケットも購入できて,とても便利です.
そしてプリペイドSIMのチャージもここで行うことができます.


タバコ屋さんの店員に,「プリペイドSIMのチャージをしたいんですけど」と言うと,「どこの通信会社?どのコース?」と聞かれます.私は以前と同じ『2週間,通信容量1GB』のコースにしたいと告げると,レジを売って写真のようなレシートをくれました.最初はよくわからず「これをどうしたらいいの?」と聞くと,


「まず224に電話して,次にレシートに書かれている14桁の数字を入力するのよ」と教えてもらいました.(これはフランスのOrangeという会社のプリペイドSIMチャージの方法です)

さっそく電話して,番号を入力すると,すぐにメールが来て「アクティベートされました」とのこと.
これは簡単ですね.
ヨーロッパのプリペイドSIMは安いし,海外での通信料が高い・・・と悩む時代はもう終わりですね.

【スポンサードサイト】