読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗したっていいじゃない,海外だもの

フランスに海外赴任中のサラリーマン日記.初めての海外生活に四苦八苦している様子をお楽しみください.

フランス人の親子はとても良い関係を築いている

子供・育児
【スポンサーサイト】

  • フランス人はみんな
  • 子供が大好きなんだなぁ

元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんが,先日ブログで日本の出生率がなぜ上がらないかを書いていました.

その内容自体,とても面白く,完全にではありませんが同意するところも多かったです.その中に

僕ら日本人から見た彼ら(アメリカ人)って・・・病的に子供が大好きなんです

という記述がありました.そのブログでは主にアメリカ人について書いていたのですが,子供が好きな点はフランス人にも言えると感じています.それはなぜかというと・・・

【スポンサードサイト】

 

それはなぜかというと・・・

  1. 子連れで歩いていると,知らない人も子供に声をかけてくる
  2. 親子一緒に行動する場面が多い

まず1番,これは本当によく声をかけられます.「かわいいわね~」とか「何歳なの?」とか.触ってきたりもします.でも決してあやしい行為ではなく,心底子供が好きなんだなというのが伝わってきます.私の妻は,冬に子供に手袋させていなかったら,道ですれ違った知らないおばさんに怒られたそうです.そのくらい子供が大好きなんですね.

次に2番.日本では中学生,高校生くらいになると親と一緒に出かけたり食事をするのを嫌がる傾向にありますよね(僕の偏見かもしれませんが,僕の周りにはそういう人が多かったです).しかし,フランスでは週末,親子一緒に出かけたり,食事をしたりしています.私の働いているフランスの会社では社員が良く子供を連れて来ます.それも小さい子供だけでなく,中高生くらいの子供まで連れてきてみんなに挨拶させます.さらには子供が大学に合格したって会社でパーティーしたこともありました(笑).それらを見ていると親子ですごく良い関係を築いているように思えます.もう「子供が好き」というのを超越してお互いがパートナーであると感じているのかもしれません.

子供の幸せが自分の幸せ

「子供の幸せが自分の幸せ」と感じている人がフランスには多い気がします.そう感じれるところが子供好きなキャラクター,子供をパートナーとして見れる関係を作っているのかなと思います.そしてさらには,フランス人は(身内以外にも)とても親切です.私も何度も助けてもらいました.これは「子供の幸せが自分の幸せ」を超えて,「他人の幸せが自分の幸せ」というところまで来ているのかなと感じます.フランス人に親切にしてもらった話は山ほどあるので,また別の記事に書きたいと思います.

【スポンサードサイト】